-- RealWear Navigator™ 500 のスリムで軽量かつ堅牢なモジュラー設計、驚異的なカメラやその他のイノベーションが、作業者の安全性、快適性、敏捷性、生産性を向上 --
-- ユニークな次世代エクステンデッド・リアリティ・ウェアラブルが、産業界の企業によるクラウドベースのリモートコラボレーションとワークフローとAIアプリの採用を加速し、COVID後の経済における「新しい働き方」を実現 --
-- このカテゴリーのパイオニアであるRealWearが再び、産業界の新しい働き方の実現に期待する企業に対しスケールの大きいアシステッド・リアリティを提供するという約束を果たします –

2021年12月8日   – ワシントン州バンクーバー -- 現場で働く作業者向けにアシステッド・リアリティソ・リューションを提供するリーディングプロバイダRealWearは本日、同社の次世代産業用ウェアラブルRealWear Navigator™ 500を発表しました。同社の主力製品であるヘッドマウント型ディスプレイRealWear HMT-1™の世界的成功を基礎とするRealWear Navigator™ 500は、新しいモジュラープラットフォームと改良されたユーザーエクスペリエンスと快適なエルゴノミクスを兼ね備えたRealWearの新しいアシステッド・リアリティ製品群であり、現場の作業者は、「新しい働き方」が求められるハイブリッドな労働環境で自由な両手と開けた視界で長時間にわたり安全に働くことができます。
ハンズフリー用途に完全に最適化されたRealWear Navigator™ 500は、ハードウェア、ソフトウェア、クラウド型サービスに高耐久設計を融合させた革新的なプラットフォームソリューションであり、旧世代より3分の1軽くてスリムであるため、現場の作業者は勤務時間中ずっと装着することを容易にします。そのハードウェアは、アップグレード可能な48メガピクセル(MP)カメラシステムとホットスワップ方式対応のバッテリーを備えたモジュラープラットフォームとして設計されており、Wi-Fiとオプションの4G(5Gも近日発売予定)モデムも用意されています。音声制御式のユーザーインターフェイスには、騒音が大きい環境のために考案された独自のノイズキャンセリング技術が組み込まれています。RealWearには、リモートコラボレーションやガイド付きのワークフロー、IoT/AIデータの可視化など、様々なユースケースに向けて最適化されたパートナーアプリが200種余り用意されています。
RealWearはRealWear Navigator™ 500を通じて、世界の一流産業会社におけるアシステッド・リアリティをはじめとするXR技術の導入がどうあるべきかについて、再度要求水準を引き上げました。自動車、物流、製造、食品・飲料、エネルギー関連などの会社がRealWear Navigator™ 500を利用することで、1憶人を上回る世界の産業現場の作業者がオンライン情報や専門知識にリアルタイムでアクセスできるようになります。アシステッド・リアリティは非没入型のエクスペリエンスであり、作業者をメタバース(コンピュータの中の3次元の世界)に没入させる仮想現実(VR)や拡張現実(AR)のエクスペリエンスと比べて物質的な世界により近いものです。
RealWearの会長兼CEOのアンドリュー・クロストフスキは本日の発売会で、「当社の強力なエコシステムと革命的なモジュラーアプローチにより、RealWear Navigator™ 500は、『リアリティファースト、デジタルセカンド』と考える次世代企業ソリューションを提供し、安全が重視される業界の業務効率とハイブリッドワークに貢献します。RealWear Navigator™ 500の革新的でバランスのとれた快適性と耐久性と性能は、既存のお客様に喜んでいただけるほか、アシステッド・リアリティを導入する産業の幅を広げることでしょう」と述べました。

モジュール方式の軽量設計、強化されたカメラと色鮮やかなディスプレイ
RealWear Navigator™ 500の革新的な新機能には、作業現場、建設現場、製造施設といった危険な環境でRealWearのアシステッド・リアリティ・ウェアラブルを現在利用している何千人ものお客様の声が反映されています。革新的な新機能には次のものがあります。
• カメラ、モデム、バッテリーなどの特定のモジュールを将来交換可能な特許を取得した革命的なモジュラープラットフォーム
• 業界唯一の正真正銘のホットスワップ方式で勤務時間全体を通じて使用できるバッテリーにより、作業者は長時間の作業を中断することなく完了可能
• 48メガピクセルのセンサーが装備された驚異的カメラシステムで照明が極めて暗い場所でも高品質な写真を撮影できるほか、改良された望遠モードのズームにより、フルHD(1080p)クオリティを維持しながら4倍超のズームを撮影でき、さらに、カメラには先進のオートフォーカス機能と強力なビデオスタビライゼーション機能を搭載
• クリアーかつ色鮮やかで調整可能なディスプレイ
• RealWear HMT-1のIP66耐久性定格はそのままで、2メートルの落下試験に耐える軽くて滑らかなフォームファクター
• 安全でシームレスなデバイスのサインオンオプションと一元化されたエンタープライズ展開および管理機能
• 最大100デシベル(dBA)の環境で信頼性の高いローカル音声認識を実現する、クラス最高レベルのノイズキャンセリング技術

業界をリードするソリューションとの比類なきコラボレーション
アシステッド・リアリティの分野をリードするRealWearの核心は、視界の共有、すなわち「私が見ているものを見て」というエクスペリエンスを実現する力であり、そのユニークなフォームファクターが企業と現場作業者の双方のメリットに結びついています。RealWear向けに最適化されたリモートコラボレーションアプリで注目に値するものとしては、Webex Expert on Demand、Zoom、TeamViewer Frontline、Librestream Onsight Connect、Microsoft Teamsなどがあります。
チームビューワーのカントリー・マネジャーである西尾則子氏は次のように述べています。「チームビューワーは、AR機能で現場作業者のプロセスのデジタル化と効率化を実現する、『TeamViewer Frontline』を提供しています。この『TeamViewer Frontline』をRealWearのウェアラブルデバイスで実行することで、より一層、生産性、効率性を高めることができ、特に製造現場におけるバリューチェーン全体の質の向上にもつながります。これによってお客様のデジタルトランスフォーメーションの実現にさらなる貢献をしてまいります。」

RealWearとMicrosoftはパンデミックが始まったときに、Teams on RealWearがTeamsのハンズフリー通話向けに全面的に最適化されていると発表しました。2020年10月  から2021年10月  にかけて、Teams on RealWearの採用は251%成長し、デバイス上のTeamsユーザー数は3倍を上回り、RealWearが報告している前年比3倍の成長に大きく寄与しました。
RealWear Navigator™ 500によってTeamsの採用は今後大幅に加速するでしょう。よりパワフルなQualcomm Snapdragonプロセッサ、軽量化、ホットスワップ対応のバッテリーにより、リモートコラボレーションは今後よりいっそうシームレスなものとなり、コミュニケーションの手段として支持されるようになるでしょう。さらに、低照度対応の新しい改良型カメラと将来のカメラモジュールの可能性により、現場の作業者は良好なPOV(主観)ショットを撮影し、新しい形で共有とコラボレーションを行えるようになるでしょう。
「現場作業者向けのMicrosoft TeamsはRealWearのようなパートナーのおかげで大幅成長を遂げており、RealWear Navigator™ 500によって当社の成功が新たな水準に到達してハイブリッドワークが加速すると見込んでいます」と、Microsoft 365フロントラインワーカーアンドインダストリーのバイスプレジデントであるクリスティーナ・ベール氏は述べています。「RealWear Navigator™ 500により、Teamsを利用している現場の産業界の作業者は、両手を自由に使って満足な状況認識能力を維持しながら、遠隔地の専門家と速やかに協力しながら複雑な問題を安全に解決できます」

日本マイクロソフト株式会社 モダンワーク&セキュリティビジネス本部 本部長 山崎善寛氏は、次のように述べています。「日本マイクロソフトは、この度のRealWear様による”RealWear Navigator™ 500”のリリースを心より歓迎いたします。昨今も続くパンデミック状況下において、最前線で働かれる従業員の方々の重要性は増すばかりです。今回のRealWear様の最新ウェアラブルデバイスと Microsoft Teams がもたらすハイブリッドな作業環境が、現場で働く従業員の方々の働き方を強力にご支援できるものと確信しております。日本マイクロソフトは、今後もRealWear様との連携を通じて、日本企業様のデジタルトランスフォーメーションに貢献して参ります。」
 
Microsoft および Microsoft Teams は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他本文記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

全世界に広がるサポートとアベラビリティ
RealWearは、迅速な対応サポートでRealWear Navigator™ 500ソリューションのサービスとサポートを提供する世界的規模の流通、サポート、再販売業者エコシステムを擁しているほか、ドバイにグローバルエクスペリエンスセンター、世界各地の主要産業市場に事業所をかまえています。お客様は、MicrosoftやAutodeskやLenovoを含む拡大中の再販売業者、提携企業エコシステムを通じてRealWearの商品を入手することができます。

RealWearについて
RealWear®は、現場で働く現代の作業者の心をつかみ、力を与え、高みに導くことによって、業務遂行の安全性と効率と正確さを高めるアシステッド・リアリティのウェアラブルソリューションを提供する世界のリーディングプロバイダです。現場の作業者の両手と視野を解放し、情報や専門知識にリアルタイムでアクセスできるようにしています。RealWearの実力は、ShellやGoodyear、Mars、Colgate-Palmolive、BMWといった世界一流のお客様の現場で実証済みであり、これらのお客様はRealWearを利用して職場の安全性を高めながら、前例の無いROI(投資利益率)を達成しています。

米国のワシントン州バンクーバーに本社を置き、イギリス、シンガポール、ドイツ、オーストラリア、オランダ、日本に現地法人を擁するほか、ドバイにはグローバルエクスペリエンスセンターを新設しました。2020年には前年比3倍の成長を遂げRealWearのナンバーワンの地位がさらに強化されました。エネルギー、製造、食品・飲料、自動車、通信を含む幅広い業界で5,000社を上回る比類ない企業顧客にウェアラブルデバイスを出荷しています。
詳細につきましては、www.RealWear.comをご覧ください。

【本プレスリリースに関するお問合せ】
RealWear, Inc.
日本代表:Makoto Ito伊藤 信 
日本語Webサイト:https://www.realwear.jp/
グローバル Web サイト:https://www.realwear.com/




このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社エム・アンド・エル

前へ | 次へ