Amazon Kindle9部門で1位を獲得した『超地味OLがエミー賞にノミネートされたワケ・ハリウッド流★夢を叶える20の法則』が5日間だけ無料でご購入できます!無料キャンペーン実施中!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2008年
アメリカ・ロサンゼルス
映画の都ハリウッドから車で15分程
LAダウンタウンのノキアシアター

映画館のスクリーンでもテレビ画面でもスマホの中のユーチューブでもなく、目の前のステージで俳優のトム・ハンクスが話しています。ハリウッドには有名人のソックリさんも沢山いますが、今、目の前にいるのは紛れもなく本物です。

トムがジョークを言って会場の皆んながドッと笑う。昔なんかのテレビで見たことがあるような光景でした。違うのは、一緒に笑っているイブニングドレス姿の私がそこに居ること。笑いながら、ふとある光景を思い出して不思議な気持ちになりました。

1994年
東京、神楽坂
時計を見ながら 『退社まで後3時間・・・』
カレンダーを見つめて 『週末まで後2日か・・・』

そんな毎日の唯一の楽しみはランチタイム。色も丈の長さも襟なしのデザインも全てビミョーに残念な制服。出社したら履き替えるサンダル。そして片手にはお財布。いつものスタイルで『今日はコロッケ定食にしようかなー?』 と同僚と一緒に神楽坂の坂を下る私。

毎日が、周りが、全てが、私の目にはグレーに映って、コロッケ定食のみが1日の唯一の楽しみだったあの時の私には、アメリカのハリウッドでエミー賞の授賞式に出席し、目の前で話すトムのジョークに笑っている自分なんて1ミリも想像できませんでした。
あの時のあの決断が、コロッケ定食かトム・ハンクスか、私の人生がどっちに転ぶかを決めた、と言っても過言ではないと思っています。

はじめまして!ららと申します。毎日を悶々と過ごしていた超地味OLの私が、経験も知識も技術も英語力も就労ビザも全て無し無しの状態で単身渡米。全くの新しい世界に挑戦し、映画の都ハリウッドで一流の方々と一緒にお仕事をさせて頂けるようになり、エミー賞にノミネートまでされました。

これは奇跡でもなく、私が特別だったわけでも全くありません。ほんのちょっとした決断と出会いが、私の人生を大きく変えてくれたのだと思っています。私のストーリーが誰かの心にほんの少しでも響いて、 一歩を踏み出す勇気や自信に繋がれば、という思いで本書を書きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

前へ | 次へ