世界を舞台に活躍してきた神ひろしが、8 月 29 日(土)30 日(日)の「愛と絆のマスクライブ」第3弾『神パ』で、8月に急逝した現代舞踊協会理事長「花輪洋治」の「ローズ」、7月に亡くなった歌手の「弘田三枝子」の「人形の家」を、祈りと別れの鎮魂歌で歌う。
また、ヴィンテージアイドル「呑娘。~てんむす。~」のメンバーのうち、5人がチーム参戦。
更に、勾玉セラピー認定講師にして日本初の男女逆転夫婦で話題と人気の「虹緒翔」も急遽参戦!
また、神ひろしは、9 月 6日(日)「チャリティ キッズ コロナ サポート 水無月歌謡祭」に特別ゲスト出演する事がわかった。
 
 現代舞踊協会理事長にしてダンサーの花輪洋治は、2015年の神ひろしの誕生日の2月8日  に、現在毎月上演中の歌とダンスのエンタメ『神パ』(ジンパ)の前身である『神ひろしショー』を見学。翌週の2月14日(土)  にはスペシャルゲストとして出演―実に三年間もの間、体調を崩すまで「神ひろしショー」にレギュラー出演していた。
その間、2018年には、花輪洋治は渾身の初の「ソロライブ」を、神ひろしの手助けで「J28」で上演。
第一部「花輪洋治の世界」では、「命のダンス」をテーマに、亡くなった教え子へのレクイエムとして「ザ・ローズ」他、花輪洋治の作品集で構成。
第二部は、「神ひろしショー」で、ショーには珍しい短縮された神ひろしのギリシャ悲劇「王女メディア」の返答と言う形で、我が子を妻の王女メディアに殺された男の絶望と悲しみ「英雄イアソンの物語」(ギリシャ悲劇『王女メディア』より)を花輪洋治は演じ舞い、絶賛を浴びた。
中でも「東京2020エンブレム委員会」メンバーである文化人のご来場で、その方に褒められた事を心底から喜んだ。

そして、先だっての8月2日(日)  に突然の花輪洋治の急逝のニュースが流れ、舞踊会に激震が走った。
 花輪洋治は、生前、「神ちゃんが歌い、僕がザ・ローズを踊ると言う形でいつかコラボできると良いなあ。」と話していた。
8月『神パ』では、花輪洋治が愛して止まなかった「ザ・ローズ」を、神ひろしは花輪洋治のダンス動画とコラボで歌い、初挑戦する。

◆神ひろし「The Rose(愛は花、君はその種子)」・ダンス「花輪洋治」



 また、『神パ』8月ライブで、神ひろしは、弘田三枝子さんの「人形の家」にも初挑戦する。
実は神ひろしは上京当時、劇団四季入所前に、弘田三枝子さんと同じジャズの巨匠の「ティーブ釜萢(かまやつ)」さんに 師事していた。
「ティーブ釜萢」さんは、「かまやつひろし」の父親で、弘田三枝子さん他、ペギー葉山さん、日野皓正などの戦後の日本の音楽界を代表するミュージシャンを多数育て、日本の音楽界に多大な影響を与えた。
劇団四季出身の神ひろしが、四季のベルカント唱法一辺倒にならなかったのは、実にティーブ釜萢さんの影響力だったのだ。
神ひろしと同門とも言える歌手の弘田三枝子さんは、「ヴァケーション」などのヒット曲を出し、残念ながら本年7月21日  、心不全で急死した。
そう言ういきさつで、神ひろしは「人形の家」に初挑戦する事で、弘田三枝子さんを偲び、冥福を祈りたいと言う。

 また注目すべきは、今回の『神パ』8月ライブに、チーム参戦するヴィンテージアイドル「呑娘。~てんむす。~」の登場。
「呑娘。~てんむす。~」は、2009年5月27日  結成。
いくつになっても、やりたいことを諦めない、楽しくいきる、そんな大人の女性の集まり。
メンバーはそれぞれ個性的な「どら美」「yukko」「わたなべみほ」「前ひろこ」「朱美」の5人娘。
「どら美」(出演:8/29土、8/30日)は「呑娘。」所属期間最長で、40代後半は地下アイドルとして精力的に活動。現在は年に数本のライブ出演とラジオのパーソナリティー(市川うららFM)として活動中。
「yukko」(出演:8/29土)は「呑娘。」の楽曲のほとんどが、yukkoこと、「川世有希子」の作品。可愛らしい風貌からは想像できないハスキーボイスで表現力豊か。現在は女優業を軸に活動中。
「わたなべみほ」(出演:8/29土)は、 90年代にアイドルとしてデビュー。病気と戦いながら、ラジオのパーソナリティー(池袋FM)、イベント主催、ライブ出演など精力的に活動中。
「前ひろこ」(出演:8/29土)は、もしかして、メンバーの中で一番パワフル!? 元気に歌って踊って、みんなを笑顔にしてくれます。
「朱美」(出演:8/29土、8/30日)は、10周年イベントから、「呑娘。」に参加。昭和歌謡を歌わせたら、なかなかのもの。お酒の量も、なかなかのものとか。

 更に、神ひろしは、9 月 6日(日)には、八王子市芸術文化会館「いちょうホール」で、「チャリティ キッズ コロナ サポート 水無月歌謡祭」の第2部「TOSHI(奈良 敏雅)デビュー6周年ライブ」で、「特別ゲスト」出演する事になった。

 さて、神ひろしは、 8 月ライブ『神パ』では、生前ゆかりの深かった花輪洋治が愛してやまなかった「ザ・ローズ」、弘田三枝子さんの「人形の家」に初挑戦するが、人間誰しも逃れられない鎮魂歌に心洗われる事だろう。

 また、神ひろしは、TOSHI の9 月 6日(日)「チャリティ キッズコロナ サポート 水無月歌謡祭」第 2 部「TOSHI デビュー6 周年ライブ」では、「アメージング・グレース」と「マイウェイ」を披露する。

更に、 TOSHI は、『神パ』8 月ライブは 29 日(土)に出演。
また、TOSHI(奈良 敏雅)と神ひろしをつないだ岩畑雄一朗がマネージメントする勾玉セラピー認定講師にして日本初の男女逆転夫婦で話題と人気の「虹緒翔は、8月30日(日)  に出演する。

8月の『神パ』は様々なパフォーマーに加え、ヴィンテージアイドル「呑娘。~てんむす。~」5人娘のチーム参戦で大いに盛り上がるだろう。
盛り上がり過ぎて、マスクを外したり大声出したりせず、心の中での声援をお願いしたい。

◆【花輪洋治】プロフィール◆
●ダンサーで有ると同時に、トライアスリートであり、会社経営者で有るという異色のパフォーマー。
●40の頃より、「命のダンス」をテーマに、 一貫してダンサーにこだわった活動を続ける。
●1970年 コンクールにて、文部大臣賞、高松宮賞。
●68歳当時、東京で開かれた国際ダンス大会で、若手と競い、シニア部門で3位に入賞。特別賞も受賞し、ベテランの旺盛なチャレンジ精神が舞踊界に驚きの賛同を呼んだ。
2015年11月21日  、73才(1月13日  生まれ)にして、新宿J28シアターで、花輪洋治初の渾身のソロライブを上演。一年間のロングラン中の『神ひろしショー』のラストで登場する神ひろしの「王女メディア」への返答として、夫で『英雄イアソンの物語』を踊り話題をさらった。
●2020年、8月2日(日)  急逝、舞踊界に激震が走った。

◆【ヴィンテージアイドル 呑娘。~てんむす。~】プロフィール◆
2009年5月27日  結成。
●いくつになっても、やりたいことを諦めない、楽しくいきる、そんな大人の女性の集まり。(酒好き多め 笑)
〜 メンバー ~
◉どら美(出演:8/29土、8/30日)
→ 呑娘。所属期間最長。40代後半は地下アイドルとして精力的に活動。現在は年に数本のライブ出演とラジオのパーソナリティー(市川うららFM)として活動中。
◉yukko(出演:8/29土)
→ 呑娘。の楽曲のほとんどが、yukkoこと、川世有希子の作品。可愛らしい風貌からは想像できないハスキーボイスで表現力豊か。現在は女優業を軸に活動中。
◉わたなべみほ(出演:8/29土)
→ 90年代にアイドルとしてデビュー。病気と戦いながら、ラジオのパーソナリティー(池袋FM)、イベント主催、ライブ出演など精力的に活動中。
◉前ひろこ (出演:8/29土)
→もしかして、メンバーの中で一番パワフル!? 元気に歌って踊って、みんなを笑顔にしてくれます。
◉朱美(出演:8/29土、8/30日)
→呑娘。10周年イベントから、呑娘。に参加。昭和歌謡を歌わせたら、なかなかのもの。お酒の量も、なかなかのもの。

◆【虹緒翔(にじおかける)・プロフィール】◆
1962年9月28日   生れ。大阪府出身
●国鉄職員からニューハーフに転職、1980年代11PMやトゥナイトのゲイバー特集など数々のテレビ番組に出演。
●後オナベと結婚し娘が誕生、日本初の男女逆転夫婦として各局のワイドショーでも取り上げられる。
●異色なタレント性で、舞台に歌手活動をこなす一方、勾玉セラピー認定講師としても活動。


【『神パ』の神ひろしのコンタクト】
神ひろし:
メール:
Facebook:https://www.facebook.com/dancerhiro
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【『水無月歌謡祭』の TOSHI のコンタクト】
◆9 月 6 日「チャリティ コロナ サポート 水無月歌謡祭」◆
日時:9 月 6 日(日)開場 12 時 30 分 開演 13 時
会場:八王子市芸術文化会館 いちょうホール
http://www.hachiojibunka.or.jp/icho/
お問い合わせ:水無月事務局(奈良)
【TOSHI プロフィール】
●東京都八王子市出身。シンガー・ソングライターの HANZO に師事
●2014 年としくん名義「一本松のように」で CD 歌手デビュー
●2018 年 TOSHI に改名「海鳥たちよ」でホリデージャパンよりメジャーデビュー
●2019 年歌手デビュー五周年ライブも開催。
【主な出演公演】
●川崎歌謡祭●歌謡最前線●愛・地球フェス●天海山 雲龍寺 新春催し●東京下町サンデーナイト●彩の国歌謡グランプリ・西つよし杯●四街道響歌謡祭●You 遊モデルジョイントコンサート●神奈川県地劇ミュージカル公開コンペに虹のくにミュージカル「スノーマン」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■歌とダンスのエンタメ「神パ」(ジンパ)8月ライブ
◆8月 29日(土)pm.19時
30日(日)pm.16時
★(開場時間。開演時間は開場30分後)
◉会費 ¥2.500(1リンク付き)
土日両日は¥3.500
詳細:
http://j28studio.com/archives/6179.html

【備考】
★マスク、又は、フェィスシールドをご着用下さい。
★飲食のお持ち込みはご遠慮下さい。
★カラオケ大会はご自分のIPhoneなどをご利用下さい。
カラオケ以外に、アフターコロナの未来に向かっての希望あるトークも歓迎します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会場&ご予約■
◇J28 スタジオ/ 03ー3369ー7486
(★お急ぎの場合)
◇Mail 
(神ひろしへのメール)
◇〒160ー0023 東京都新宿区西新宿7ー2ー10 栄立新宿ビルB102
◎大江戸線『新宿西口駅』D5出口 早足の徒歩1分!
※駅出口を背中にして、右1分。築地銀だこ(西新宿にハイボール酒場)と郵便局の間を右に曲がる。麺屋『武蔵』の並び。地下1階!
◎JR『新宿駅』西口出口 徒歩5分!
◎西武『新宿駅』徒歩3分!
動画案内:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【プロジェクト STUDIO J28(運営スタッフ)】
■かわらさきけんじ(芸術監督):
・西野バレエ団を皮切りに、東宝ミュージカルの『プロミセス・プロミセス』『屋根の上のバイオリン弾き』で活躍。
・劇団四季では『アプローズ』『ジーザスクライスト・スーパースター』の舞台に立つ。
・のち、独自なオリジナルミュージカルで活躍の神ひろしと演劇プロデューサーの妹尾芳文の3名で舞踊演劇団「カンパニーEAST」を結成。
・EASTの芸術監督に就任。
・1996年、1997年、1999年と、3度の海外ギリシャ・キプロスでのEASTの『王女メディア』(神ひろし主演)公演を、演出振付家としてオールスタンディングの成功と喝采に導く。
http://j28studio.wixsite.com/east

■妹尾芳文(プロデュース):
・劇団昴・石原プロを経て、SEOプロダクションを設立。
・映画化もされたE・M・フォスターの小説『モーリス』の日本に於ける世界で初の舞台化権を獲得、神ひろし主演で2度の上演
・又、2000年2月9日   付けで、1999年の「日希修好百年祭」で、本場ギリシャでギリシャ悲劇『王女メディア』の約1ケ月に渡る公演を成した「カンパニーEAST」を代表して、国際親善功労者として、表彰状を授与される。
http://j28studio.wixsite.com/seopro
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【神ひろし プロフィール】
●日中英トリリンガルシンガー。ダンサー俳優・振付家・Kindle作家。
●劇場型レンタルライブスタジオ「J28」(新宿)代表。歌とダンスのエンタメ「神ジンパ」毎月開催中。
http://j28studio.com
●所属:妹尾プロダクション(妹尾芳文:元、石原プロ)
【実績履歴】
●海外で「王女メディア」主演でブレイク!ニューヨークタイムズ(米国)、ガーディアン(英国)、スコッツマン(スコットランド)等世界最大の新聞で性別を超えた『クロスジェンダーなパフォーマー』「日本の現代女形」と絶賛される。
●劇団四季出身。関西学院大学卒。日本ジャズダンス芸術協会・日本振付家協会の理事を務めた経歴を持つ。
【代表作】
●『王女メディア』(原作:エウリピデス)芸術監督:かわらさきけんじ
●『ハムレット』(原作:シエイクスピア)芸術監督:かわらさきけんじ
●ミュージカル『モーリス』〈原作:E・M フ ォースター〉演出振付:神ひろし&かわらさきけんじ
●ミュージカル『どろろ』〈原作:手塚治虫)台本演出振付:神ひろし
●ダンスオペラ『サロメ』(演出振付:池田瑞臣)
●ダンスオペラ『ニジンスキー』(芸術監督:かわらさきけんじ)
【著作】
●著作「神ひろしのスピリチュアルダンス」で元祖スピリチュアルダンサーと呼ばれている。
●電子書籍「カラオケ本」シリーズ4作、アマゾン連続第1位獲得。
●電子書籍『写真で作るLINEスタンプの作り方ーコロナ自粛・在宅で稼ぐ為にー」・在宅ワーク第1位獲得。
●スピリチュアルミュージカル「転生」「エジプトの王子」「春の雪」はじめ、ミュージカル戯曲多数。
【トピック】
●三島由紀夫の最後の装丁画家「村上芳正」氏やATGの葛井欣士郎氏等伝説の文化人が「ロックするセクシー男性ダンサー・俳優」として支持。
●ディスコプリンス
:ジャズダンス、ヒップホップ、ベリーダンス、日舞のオールジャンルダンサーにして、「ディスコプリンス」と言われる経歴を持つ。
●TV映画多数:
戦隊物復刻版にて、「イナズマン」「仮面ライダー」にゲスト出演していた事が最近、クローズアップされ、ニコ動などで話題に。
●振付:「自衛隊音楽祭」(武道館)他、ミュージックダンスビデオ多数。

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

J28スタジオ