株式会社エクス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:抱 厚志、以下「エクス」)は、中堅・中小製造業向け生産管理システム『Factory-ONE 電脳工場MF』の最新バージョンR4.0を2018年12月28日、リリースしました。
 
『Factory-ONE 電脳工場』シリーズは1995年の販売開始以来、国内外の中堅・中小製造業を中心に1600本を超える出荷実績があり、その中でも、『Factory-ONE 電脳工場MF』は、加工・組立・プロセス生産を行っている製造業向けに「MRP版」「製番管理版」「ハイブリッド版」の3つのモジュールを用意しています。パッケージ製品としては異色のソース公開をしており、ユーザーサイドでのカスタマイズも可能です。https://www.xeex.co.jp/products_services/factory-one/mf

Windows10へのPC入れ替えが急速に進んでいる中、最新バージョンR4.0では開発ツールを刷新し、Windows10に対応しました。また、データベースは従来のOracleに加えて、PostgreSQLにも対応。クラウド型EDIサービス『EXtelligence EDIFAS』を2ID標準バンドルし、サプライヤー(仕入先)との戦略的なSCMを構築することも可能です。


● 販売開始:2018年12月28日(金)
● 価格:460万円~(税別)指導料、保守料別途
● 出荷目標:<2019年度>50本


 また、『Factory-ONE 電脳工場MF』と『EXtelligence EDIFAS』が一体となって、生産計画・見積・受発注・入出荷などのデータをシームレスな連携させたサブスクリプション型サービス『Factory-ONE 電脳工場SC』も、新たなバージョンR2.0をリリースしました。お客様の多様化するクラウド環境のニーズに合わせてマルチクラウド対応しています。
https://www.xeex.co.jp/products_services/factory-one/sc

■「株式会社エクス」について
1994年創業。創業以来、製造業のみにフォーカスし、導入効果を創出できる生産管理パッケージ『Factory-ONE 電脳工場』シリーズの開発・販売・サポートを手掛けている。小規模から大規模製造業まで、企業規模に応じたシステムからクラウド版まで様々なシステムを提供。2014年より5カ年計画で『EXtelligence』を開発、2015年よりサービス開始し、"日本版 Industry4.0"や"次世代ものづくり経営"の構築支援に努めている。
https://www.xeex.co.jp/

※「Factory-ONE」「電脳工場」「EXtelligence」および「EDIFAS」は株式会社エクスの登録商標です。
※ ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです
商品、サービス内容、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください
●プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社エクス ソリューション事業本部 セールスプロモーションチーム 中上
TEL: / FAX : / E-mail:


このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

株式会社エクス

前へ | 次へ
🗾 大阪府