途上国・国際協力を専門とするNPOメディア「ganas」(運営団体:特定非営利活動法人開発メディア)は2019年2、3月、途上国を本格的に取材し、記事を書き、それを発信する現地研修プログラム『Global Media Camp』を開講します。『Global Media Camp』とは、一言でいうならば、“途上国で期間限定の記者になる”こと。場所は、南アジアのインド、南米コロンビア、西アフリカのベナン、東南アジアのタイから選べます。

参加資格は、途上国・国際協力、メディアや記者の仕事、“一生モノのコミュニケーションスキル(聞く力、伝える力など)”を向上させることに関心のある社会人・学生。『Global Media Camp』では、プロの記者に同行するのではなく、参加者一人ひとりが自ら取材し(英語⇔現地語の通訳を付けます)、記事を書き、講師(ganas編集長)からマンツーマンでフィードバックをもらうことでスキルアップを目指します。

『Global Media Camp』は2014年に始まって以来、フィリピン、ミャンマー、カンボジア、ベトナム、コロンビア、ベナン、インドで合計25回(以前の名称は「基礎ジャーナリスト講座」)開いてきました。参加者は総勢135人。年齢は18~59歳と幅広いです。

■『Global Media Camp』の3つの魅力

1)途上国を取材できる!
‥‥『Global Media Camp』は途上国を本格的に取材できる唯一のプログラムです。スタディツアーのように、担当者からレクチャーをひたすら受けるのではありません。参加者自らが自由に質問します(基本は英語を使います)。取材は、その国のことを短期間で少しでも深く、また多角的に知る手段のひとつ!

2)スキルアップできる!
‥‥『Global Media Camp』では新しい体験をするだけではありません。ネタ(良い点、悪い点、ユニークな点)や視点(切り口)を見つける力、情報を引き出すために質問する力、物事を掘り下げる力、要点をまとめる力、伝わる文章を書く力など“一生モノのコミュニケーションスキル”の向上を目指します。各回の参加者は8人程度に絞っているため、ganas編集長からマンツーマンでフィードバックをもらえます。頑張った実績として、現地取材をベースにした「署名記事」が残ります。記事には1000以上の「いいね!」がつくことも(ステレオタイプでない記事の発信にも意義がありますよね)。

3)途上国を「複眼の視点」でとらえる!
‥‥「途上国=貧困 or 幸せ」などと決めつけていいのでしょうか(ちなみに世界人口の8割は途上国で暮らしています)? 物事に対する見方は立場によってさまざま。『Global Media Camp』では複眼の視点で物事をとらえる方法を学びます。世の中には自分が知らないこと、自分自身で無意識に決めつけてしまっていることがたくさんあります。取材も含め、現地の人と話す時間をたっぷりとっていますので、疑問を直接ぶつけてみてください。脱ステレオタイプを目指しましょう。

*過去25回の開催実績をもつ『Global Media Camp』はアウトプット重視のプログラムです。アウトプットにこだわる理由は、話を聞くだけでは知識の定着率はわずか5%ですが、他人に教えた(伝えた)場合は90%に上るという研究があるからです。20歳を超えたらアウトプット中心の学びに切り替えない限り、インプットしたことは頭に残らず、経験として積み上がりません。自己成長につながるのはアウトプットだと考えています。

■『Global Media Camp』で得られる5つのスキル

1)発見力
‥‥記事を書くには「ネタ」「切り口」が不可欠です。毎日の取材ではまず、具体的なネタ探しと格闘します。ネタは、問題や長所を指す場合も少なくありません。ネタ探しの日々は「見つける力」(発見力)を向上させます。

2)質問力
‥‥ネタ・切り口を見つけたらインプットはおしまい、ではありません。関係する情報をいかに集めるかが重要。質問の仕方によって、得られる情報の質・量、ひいては記事の内容・レベルは大きく変わります。取材現場では毎日、記事を書くために必要なたくさんの質問をします。質問力(聞く力)を集中的に鍛えます。

3)考察力
‥‥質問(インプット)・ブレインストーミング・記事執筆(アウトプット)・講師からのフィードバックを繰り返すことで、物事を掘り下げる体験をします。「これまで見えなかったこと」が見えるようになることも。ここでカギとなるのは、“関係がなさそうなもの同士”をつなげて考える発想です(たとえば「宗教」+「SNS」=何でしょう?)。意外なこと(つながり)を見つけた瞬間はまさに快感!

4)要約力
‥‥要点をまとめる力もつきます。言いたいことが不明瞭な長い話は、とりわけ社会に出ると聞いてもらえません。内容を薄めずに、いかに簡潔に表現できるか。これは記事(特に見出し、リード)の書き方に通ずるものがあります。要約力はいま注目されているスキルのひとつ。これを毎日特訓します。

5)文章力
‥‥カッコいい/美しい文章よりも、いかに伝わるか/読まれるかが大事ですよね? そのテクニックを学びます。文章力はコミュニケーション力の基本。レポートやエントリーシート(ES)の作成にも当然役立ちます。とりわけ最近は、電話よりも、メールを書く機会が増えているだけに、文章で伝える重要性は高まっています。

■開催場所の詳細

<インド>
◎場所:インド・プネー
◎期間:2019年2月3日(日)~2月10日(日)
2019年2月3日に現地集合、2月10日に現地解散、7泊8日の現地研修プログラム
◎料金:一般15万4800円、学生13万4800円(最安価格)
*渡航費、宿泊費(推奨ホテルあり)、ビザ代(約3000円)、保険代は含みません
*含まれるもの:講習費、取材先への移動費、その他取材費用、食事代(朝、昼、夕。ただし飲み物は除く)
*特典として、2019年春の「グローバルライター講座(東京)」(5万円相当)や「77日記者研修」(5万8000円相当)に無料参加できます
◎〆切:2019年1月4日(金)
2018年12月3日(月)までのお申し込みは「早割」として1万円割引
*ご友人同士で申し込むとそれぞれに1万円キャッシュバック! 早割との併用も可能です!
◎定員:最大8人程度(先着順)、最少開催人数4人程度
◎事前研修:2019年1月を予定(1回で8時間程度)
*場所は東京・市ヶ谷のJICA地球ひろばを予定
◎報告会:2019年5~6月を予定(希望者のみ)
◎講師:長光大慈(ganas編集長)
◎コーディネーター:山崎大地(印日交流団体「にほんごのぷね」創設者、インド・プネー在住)
◎詳細ページ:https://www.ganas.or.jp/news/20181031gmcindia/  
◎取材先候補:ダリット(最下層のカースト)の人たちがメンバーの商工会議所、インド最大の財閥タタのグループ企業タタ・コンサルタンシー・サービス(ビジネスで得たもうけを教育やヘルスケアなどに還元する社会的企業)、インド有数のIT企業Infosys、プネー在住50年の日本語教師(プネーを日本語教育が最も盛んな都市にした功労者)、大学、NGOなど

<コロンビア>
◎場所:コロンビア・メデジン
◎期間:2019年2月18日(月)~2月27日(水)
2019年2月18日に現地集合、2月27日に現地解散、9泊10日の現地研修プログラム
◎料金:一般20万4800円、学生18万4800円
*渡航費、宿泊費(推奨ホテルあり)、保険代は含みません
*含まれるもの:講習費、取材先への移動費、通訳の費用、その他取材費用、食事代(朝、昼、夕。ただし飲み物は除く)
*特典として、2019年春の「グローバルライター講座(東京)」(5万円相当)や「77日記者研修」(5万8000円相当)に無料参加できます
◎〆切:2019年1月18日(金)
2018年12月18日(火)までのお申し込みは「早割」として1万円割引
*ご友人同士で申し込むとそれぞれに1万円キャッシュバック! 早割との併用も可能です!
◎定員:最大8人程度(先着順)、最少開催人数4人程度
◎事前研修:2019年2月中旬または1月後半を予定(1回で8時間程度)
*場所は東京・市ヶ谷のJICA地球ひろばを予定
◎報告会:2019年5~6月を予定(希望者のみ)
◎講師:長光大慈(ganas編集長)
◎コーディネーター:羽田野香里(EAFIT大学言語センター・日本語講師、コロンビア・メデジン在住)
◎詳細ページ: https://www.ganas.or.jp/news/20181102gmccolombia/ 
◎取材先候補:インディヘナ(先住民)保護区、国内避難民(IDP)居住区、貧困地区の非識字者を支援するNGO、元スラム街、大学、メデジン発のファッション、メイドカフェ(普通のカフェも)、起業家、日本文化に関心のあるグループ、日本語スピーチコンテストの入賞者、観光で町おこしに成功した場所など

<ベナン>
◎場所:ベナン・コトヌー
◎期間:2019年3月6日(水)~3月15日(金)
2019年3月6日に現地集合、3月15日に現地解散、9泊10日の現地研修プログラム
◎料金:一般20万4800円、学生18万4800円
*渡航費、宿泊費(推奨ホテルあり)、ビザ代(8000円)、黄熱病の注射代、保険代は含みません
*含まれるもの:講習費、取材先への移動費、通訳の費用、その他取材費用、食事代(朝、昼、夕。ただし飲み物は除く)
*特典として、2019年春の「グローバルライター講座(東京)」(5万円相当)や「77日記者研修」(5万8000円相当)に無料参加できます
◎〆切:2019年2月6日(水)
2019年1月7日(月)までのお申し込みは「早割」として1万円割引
*ご友人同士で申し込むとそれぞれに1万円キャッシュバック! 早割との併用も可能です!
◎定員:最大8人程度(先着順)、最少開催人数4人程度
◎事前研修:2019年3月初めまたは2月中旬を予定(1回で8時間程度)
*場所は東京・市ヶ谷のJICA地球ひろばを予定
◎報告会:2019年5~6月を予定(希望者のみ)
◎講師:長光大慈(ganas編集長)
◎コーディネーター:内藤獅友(NPO法人AYINA副代表、ベナン・コトヌー在住)
◎詳細: https://www.ganas.or.jp/news/20181102gmcbenin/ 
◎取材先候補:社会活動家、起業家、テイラー(仕立屋)、家事労働者、アートショップの店主、美容師、大学生、ブードゥー教をはじめとする宗教施設、教師、NGO、農村、アフリカ最大の水上集落ガンビエなど

<タイ>
◎場所:タイ・バンコク
◎期間:2019年3月23日(土)~3月30日(土)
2019年3月23日に現地集合、3月30日に現地解散、7泊8日の現地研修プログラム
◎料金:社会人16万4800円、学生14万4800円
*渡航費、宿泊費(推奨ホテルあり)、保険代は含みません
*含まれるもの:講習費、「コミュニケーション力&問う力を上げるワークショップ」の費用、取材先への移動費、通訳の費用(英語が通じない取材先の場合)、その他取材費用、食事代(朝、昼、夕。ただし飲み物は除く)
*特典として、2019年春の「グローバルライター講座(東京)」(5万円相当)や「77日記者研修」(5万8000円相当)に無料参加できます
◎〆切:2019年2月22日(金)
2019年1月23日(水)までのお申し込みは「早割」として1万円割引
*ご友人同士で申し込むとそれぞれに1万円キャッシュバック! 早割との併用も可能です!
◎定員:最大8人程度(先着順)、最少開催人数4人程度
◎事前研修:2019年3月または2月中旬を予定(1回で8時間程度)
*場所は東京・市ヶ谷のJICA地球ひろばを予定
◎報告会:2019年5~6月を予定(希望者のみ)
◎講師:長光大慈(ganas編集長)
◎ファシリテーター兼コーディネーター:中村健司(国際ラーニングファシリテーター、タイ・バンコク在住)
◎詳細:https://www.ganas.or.jp/news/20181105gmcthailand 
◎取材先候補:ミャンマーやカンボジアからやってきた移民労働者、国連機関、NGO、大学など

<すべて共通>
◎主催:特定非営利活動法人開発メディア(ganasの運営団体)
◎お問い合わせ先: 
◎『Global Media Camp』の詳しい説明資料:http://qq4q.biz/N5AD 
◎『Global Media Camp』参加規約:http://qq4q.biz/N5EY 
◎申し込み方法:お問い合わせいただければ申込書をお送りいたします。下のURLをクリックしてもダウンロードできます。
http://ur0.work/NbaA 

■『Global Media Camp』の報告会&説明会

・【11/16(金) 19:00 – 20:45】世界を言語化するとどうなるか?『Global Media Camp in インド/コロンビア/ベナン/タイ』説明会
https://www.facebook.com/events/268187243834285/ 

・【11/25(日)16:30 – 18:15】アウトプットで自分を成長させる!『Global Media Camp in インド/コロンビア/ベナン/タイ』説明会
https://www.facebook.com/events/568300940291107/ 

・【11/30(金)19:00 – 21:15】ナマステ INDIA!!Global Media Camp 2018報告会「インドってどうなのよ!?」~ITから恋愛事情まで、ぶっちゃけな今~
https://www.facebook.com/events/245642032770001/ 

・【12/1(土)18:30 – 20:15】4人で280時間!? 西アフリカ・ベナンで大学生が命を削って記事を書いてきた
https://www.facebook.com/events/343562196407392/ 

・【12/10(月)19:00 – 20:45】最短期間で途上国に詳しくなる方法!『Global Media Camp in インド/コロンビア/ベナン/タイ』説明会
(準備中)

・【12/20(木) 19:00 – 20:45】「伝える力」と「聞き出す力」を磨く!『Global Media Camp in インド/コロンビア/ベナン/タイ』説明会
(準備中)

*報告会・説明会に参加できない方は個別にご説明します。お気軽にご連絡ください(メールでも、フェイスブックのメッセージでも)。

【特定非営利活動法人開発メディアについて】
所在地:埼玉県所沢市下安松521-6-101
代表者:代表理事 長光大慈
設立:2012年8月17日
Email: 
Tel:(担当・長光)、
ウェブサイト:http://www.ganas.or.jp 
フェイスブックページ: https://www.facebook.com/ganas.or.jp 
事業内容:途上国・国際協力の情報の発信、途上国・国際協力についての情報を発信できる人材の育成

このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


発行者について

特定非営利活動法人開発メディア(媒体名は「ganas」)