2018年10月12日(金)

報道関係各位



関市から元気を!岐阜市出身インターン生が新商品開発で魅力発信!
生活感溢れるリビングを収納で解消!「新聞紙楽ラック」


トマト工業株式会社は、「新聞紙楽ラック」を 2018年 10月 10日(金)より販売開始いたしました。


◆商品リリースポイント
 ①引っ張るだけ。古新聞は下から「古い順に」取り出せる!
 ②ラクラク収納。読み終わった新聞紙は上から入れるだけ。
 ③場所を問わない大きさ。和洋室どこにでも置けるシンプルなデザイン。


◆本製品開発の経緯
 突然 人が訪ねてきたとき家に招き入れることは出来ますか?
中でも使用頻度が高く、利用人数も多いリビングは、片付けたくても片付けられず「収納しにくい場所ランキング」で常に上位。
 特に、朝刊、夕刊、チラシ等、毎日届く印刷物はどうしていますか?当然、配達物を読んだまま放置すればあっという間にリビングは散らかっていくばかり。
 「配達物を収納する」発想でリビング収納をお手伝いします。


◆新商品にかける想い
 「せっかく新聞紙を購読しているのに読んだきり捨ててしまうのはもったいない」
 「毎日届く新聞紙を楽しく、且つオシャレに収納出来る方法は無いだろうか―」。
 そんな想いから「新聞紙楽ラック」を企画立案致しました。

 実際に、30代~60代の約2,800人を対象とした「新聞紙に関する困りごとアンケート」では、「古新聞の管理・処理が大変だ」と回答した割合がどの年代層でも4割に上りました。
 この結果から、新聞紙を購読しながら「古新聞の収納、管理」の面で新聞紙の有効活用化が問題点として浮き彫りになりました。

 本製品は「省スペースで」収納出来るだけでなく、古新聞として新聞紙を有効活用していただくため、簡単に古新聞が取り出せるデザインに設計しました。
 新聞紙を購読し、古新聞を使う機会が多い一般家庭向けの商品となっております。


◆インターン生プロジェクト:目的
 「災害に負けない地域を目指して若い力で関市から元気を届けよう」と、試作開発が出来る環境にある自社で新しい可能性を探るため「新商品開発」に大学生が携わるプロジェクトが始動しました。
 地域中小企業のモデルとなり、2018年7月に豪雨災害に見舞われた上之保、富之保地域を活性化させることを目指します。


◆商品概要
■発売日:2018年10月10日
■価格:5,980円(税込)
■サイズ:巾300㎜×高さ460㎜×奥行240㎜
■色柄:ホワイト木目、ブラウン木目


◆会社概要
 トマト工業株式会社
 代表:馬渕 敦史
 創業:2008年5月
住所:〒501-3501 岐阜県関市富之保3861-1
TEL:
FAX:
HP:http://www.tomatokogyo.com/
MAIL:



このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


発行者について

トマト工業株式会社