提携する12社(業界最多)の新電力事業者内でコンペディションをし、一番安い新電力事業者をクライアントに紹介(媒介)する新電力バンク®が、2016年6月1日より一般家庭向け電力(低圧需要)に本格参戦しました。

現在301事業者が登録する新電力の中から、業界知識の乏しい一般ユーザーが最安・最適の新電力を見つけ出すことは困難です。

そこで、新電力バンク®は、地域電力会社の検針票が1枚手元に有れば、一般的な電気料金と最安・最適の新電力料金の概算値を比較・算出し、そのまま、3分も有れば最安・最適の新電力事業者にWeb上で申込みまで簡単に完結できるシステムをt展開しています。

※12ヵ月分の検針票が手元に有れば1円単位まで正確に比較できます。

もちろん、現存する301社の新電力事業者全てが、新電力バンク®と提携している訳ではございません。しかしながら、先述したように、コンペディションになる事を承知で新電力バンク®に登録(提携)する新電力事業者ですので、価格・サービスに自信の有る電気事業者である事は容易に想像頂ける事でしょう。

現在、旧東京電力・中部電力・関西電力管内でのサービス(その他地域でも複数の新電力事業者と調整中)ですが、全面自由化から2ヵ月経過し、盛り上がりの欠ける電力業界に旋風を起こすべく躍進する新電力バンク®にご注目下さい。

※新電力バンク®とは、商業支援組合合同会社が運営するサービスで、全国に82の加盟店(支部)を有し、企業向け電力(高圧需要)の分野では、下位の新電力事業者の供給電力量をはるかに凌ぐ10万kW超の媒介(仲介)をしており現在も拡大中の企業体です。



発行者について

商業支援組合合同会社

前へ | 次へ