観光土産業界の年次報告書、2013年版「2012年度 土産業界白書」いよいよ11月30日発行です。

独自の試算による画期的な試み、「全国都道府県別土産消費額(推定)」を初めて公表、あなたの県のランキングを初公開します!

 観光立国を目指す日本にとって、土産品並びに土産業界は今後ますます重要な位置を占めるだろう。土産品市場を拡大させることは、すなわち観光業界全体の市場規模を拡大させることになるからです。

 「観光物産業界のパイオニアとして39年、土産業界のオーソリティ」として土産業界を牽引してきた観光物産総合研究所・稲田俊明代表は、2010年に土産業界初の「2009年度 土産業界白書」(2010年版)を発行しました。以降、毎年発行し、2013年版で4年目となります。2013年11月30日、いよいよ発行です。

 2013年版の大きな特徴は、これまで「観光土産市場はおよそ3兆円」と試算されてきましたが、各都道府県の土産市場規模(消費額)については未知でした。なにしろ観光客数及びその関連数値そのものが各県独自に試算したもの(いわばばらばらに試算してきた)が公表されてきました。ましてや土産消費額については調査もしていない県が多くありました。

 それが観光庁が導入した全国共通基準による「都道府県別の実観光入込客数・観光消費額(平成23年)」の公表により、当総研・稲田代表の独自の試算による各都道府県ごとの土産市場規模(消費額)の推定が可能になりました。各県の「土産市場規模ランキング」が初めて公開されます。あなたの県のランキングは一体どのあたり?

 2013年版「2012年度 土産業界白書」、只今、購入予約受付中です。

◇(はじめに)
 「旅行」・「観光」と「土産」は不即不離、表裏一体の関係です。だから、「旅行土産」、「観光土産」というのです。
 2010年の国内旅行総消費額は、23.8兆円です。うち、土産業界の全市場規模は3兆7800億円です。(稲田俊明の試算による)
 2013年版「土産業界白書」では、当総研独自の試算による「2011年(平成23年)全国都道府県別お土産消費額及びランキング(推定)」を全国初めて公表します。

◇(主な内容)
■本文
第1章 2012年度 全国土産業界の動向
第2章 2011年(平成23年) 全国都道府県の土産消費(推定) ランキング
第3章 中国、韓国との領土問題発生と観光に及ぼす影響
第4章 各地の観光・土産の話題
第5章 資料編

◇編集・発行人 観光物産総合研究所 稲田俊明 □体裁・A4版約130ページ □定価・¥10,000(税込み)

観光物産総合研究所/地域振興(まちづくり)ネットワーク 代表 稲田俊明
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆観光物産総合研究所
〒166-0012 東京都杉並区和田3-28-11-202
TEL FAX 携帯電話
Eメール
ホームページは http://www.kankoubussan.jp
◆地域振興ネットワーク事務局 
地域振興ネットワークの話題は http://kankoubussan.jugem.jp
◆庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 
庄内検定、庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp
只今「庄内おしん検定」を庄内ブログで公開中です
(元旧余目町ふるさと大使、島根県大使「遣島使」 拝命)


このプレスリリースを 
PDFでダウンロードする or QRコード印刷する


💡 発行者について

観光物産総合研究所