TCA東京ECO動物海洋専門学校、恐竜&レプタイルズ専攻(現在は恐竜・自然史博物専攻)は、千葉県のクラウドファンディングサイト「C-VALUE」でプロジェクトを2022年11月2日より開始しています。

恐竜&レプタイルズ専攻は2020年に設立された、日本で唯一の「恐竜」に関する三年制の学科です。現在は名称を恐竜・自然史博物専攻とし、四年制の学科に変更されています。
当専攻では学びの一環として、恐竜イベント設営や野外実習などを行っております。
その他にもイラストレーターや3Dプリンターなどのデジタル的な授業、様々な生物の飼育管理なども行っています。
古生物化石、現生生物、テクノロジーなどを駆使して「生物としての恐竜の姿」や「恐竜をどのようにビジネスにしていくか」を学んでいます。
参加するのは当学科の一期生で、学校のモットーでもある「好きを仕事に」を実践すべく、三年間の集大成として本プロジェクトを企画しました。

「白亜紀香るくつろぎセット」と題し、大人も使える恐竜グッズをテーマに、学生たちが一から手がけた商品が提供される予定です。
今回の商品は、普段子供向けコンテンツとして見られがちな「恐竜」を、いかに大人に向けて発信していくかというコンセプトを元に作られた商品となります。
恐竜が好きな大人はもちろん、恐竜をあまり知らない人でも使いやすく手に取りやすい商品に仕上げました。



今回、我々のプロジェクトが掲載されている、クラウドファンディングサイト「C-VALUE」は、千葉発の「地方創生の起爆剤となる商品・サービス」を発掘・創出を行っています。
更に本プロジェクトでは千葉県産の木材を使用しており、その中でも生育の途中で間引かれた部分、「間伐材」を使用しているとてもエコな商品ともなっております。



この商品は、「恐竜」「環境保全」という観点を踏まえつつ、子供っぽくない新たな恐竜グッズとして開発致しました。
これは、恐竜三年間恐竜について、そして自然についても深く学んできた私たちだからこそ作れる商品だと自負しております。是非この機会にお手に取ってみてはいかがでしょうか。