広島の中華そばを支えてきた原田製麺が汁と麺を開発した地元食材をふんだんに使用した「倉橋ラーメン」が2022年7月1日にソフトオープンします。

瀬戸内海のビーチで小腹が空いたときに立ち寄れる海の家併設のラーメン屋さんが7月にオープンします。広島で老舗のラーメン屋さんを麺と汁の両方から支えてきた原田製麺様と共同開発した美味しい醤油豚骨をベースに、地元倉橋の生産者さんから直接仕入れた地元食材を使って、新たなラーメンを開発しました。
地元の海で取れたひじきと倉橋島で育ったネギをふんだんに使ったラーメン、「倉橋ラーメン」と地元のちりめんを使った味わいの深いおにぎりをご提供いたします。

桂砂楼の麺と汁は広島の老舗のラーメン店を支えてきた原田製麺が開発した本格広島中華そばです。
広島ラーメンの名店を支え続けてきた原田製麺が名店を支えてきた汁と麺に加えて、地元倉橋の食材を使用することで、倉橋ならではの広島ラーメンを作りました。
この倉橋ラーメンは化学調味料や保存料などを一切使っていない自然素材のみで作られています。地産の食をその場で食すことと、身体を考えた自然派、倉橋が発信するラーメンには倉橋のおもいが詰まっているのです。

暑い夏に、倉橋島の桂ヶ浜海岸で、冷えた生ビールとおにぎり、味にこだわり、地元にこだわる自然の味のラーメンをご賞味ください。