医療機器のOEM/ODM(相手先ブランドによる生産)製品の開発・製造を手掛けてきた大洋工業株式会社(神奈川県川崎市高津区久地1-36-1 代表取締役:佐野 仗太郎)では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を機に、自社ブランド(UNIPROMEX)を立ち上げ、オリジナルの持ち運びが出来る紫外線除菌ケースを開発・製造し、発売を開始しました。優れた除菌力と、短時間での除菌が可能で、他社製品では10分掛かる所を5分で99.9%除菌することが可能です。

■ 開発の背景 

今春のマスク不足。
手持ちのマスクを自宅で干すなどして使っていた時に「マスクを短時間で除菌できる製品があれば」と考え、インターネットで探したところ、信頼できそうな商品が見つからず、「自社で作れるのではないか」と思い立ちました。
安心の日本製をコンセプトに、他にない高出力UV-C LEDを複数搭載し、広範囲を短時間で除菌することを目指し、性能確認試験を経て、今冬商品化することができました。


■ 製品化に向けて

2020年8月
外部試験機関において、試作機を使用して行った「除菌ケースによる付着ウイルス不活化性能評価試験」で99.9%以上の除菌性能が確認できたので製品化を決断。

2020年11月
量産モデルで再度性能評価試験を行い、試作機のテスト結果を上回る99.99%の除菌性能が確認できたので発売を決定。

試験委託先:一般財団法人 北里環境科学センター
試験方法:評価ポイントに100μLの試験ウイルス液を滴下し、試験製品を5分間運転後、全量回収し、ウイルス数を測定する。
試験結果:評価ポイントにおいて99.99%試験ウイルスを抑制した。


■ 選べる2タイプ 

製品は2種類をラインナップ。
紫外線を上から下に照射し、片面ずつ除菌する「シングル照射タイプ」と紫外線を上下から同時に照射して両面を同時に除菌する「ダブル照射タイプ」の2種類。


■ 商品の特長  

・高出力UV-C LEDを複数搭載
・5分で99.9%除菌
・乾燥ファンでマスクの不快感を軽減
・スマートフォンなども除菌可能


■ 価格

マスク除菌ケース「紫外君」シングル照射タイプ:9,000円(税抜き)
マスク除菌ケース「紫外君」ダブル照射タイプ:12,000円(税抜き)
発売日:2020年11月20日


■ 仕様

品名:紫外君
型番:TK-C01S(シングル照射タイプ)/ TK-C01D(ダブル照射タイプ)
色:白 / さくら色
UV-C LED:出力最大15mW×2個(シングル)・4個(ダブル)
波長:260~280nm
バッテリー:リチウムイオンポリマー電池 1000mAh 3.7V
充電電圧:5V/1-2A(USBポート:microUSB Type-B)
外形寸法:206×123×53mm
重さ:304g(シングル)309g(ダブル)
材質:本体 ABS、マスク台:紫外線透過特殊樹脂
付属品:マスク台、USBケーブル(約60cm)、取扱説明書(保証書付き)


■ UNIPROMEX製品 URL

https://www.unipromex.co.jp/


■ 販売サイトURL

Amazonマーケットプレイス
マスク除菌ケース「紫外君」シングル照射タイプ
https://www.amazon.co.jp/dp/B08LN147M8?ref=myi_title_dp
マスク除菌ケース「紫外君」ダブル照射タイプ
https://www.amazon.co.jp/dp/B08LPB17RP?ref=myi_title_dp


■ 今後の展望

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、マスクの着用は欠かせません。
マスク不足は解消されましたが、人と会うたびに新しいマスクに取り替えることはなかなかできないと思います。
そんな時に「マスク除菌ケース」を使ってマスクを除菌することで、マスクを清潔に保つことができ、感染のリスクが減るのではないでしょうか。
新型コロナウイルス感染症の対策だけでなく、毎冬のインフルエンザ予防にも役立てて欲しいと思います。
当社のマスク除菌ケースを多くの方に知っていただきながら、これからも社会や暮らしに貢献できる製品づくりを目指します。


■ 太洋工業株式会社について

本社:〒213-0032
神奈川県川崎市高津区久地1-36-1
代表者:代表取締役 佐野丈太郎
設立:1987年4月18日
資本金:2,500万円
Tel:
Fax:
URL:http://www.taiyo-i.com/

[事業内容]
医療機器OEM/ODM製品の開発・製造
自社製品の開発・製造・販売
※公開連絡先:


■ 本件に関するお問い合わせ先
企業名:太洋工業株式会社
担当部署:UNIPROMEX製品担当者まで
TEL:
E-Mail: